忍者ブログ
一橋大学商学部、守島ゼミのメンバーのブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最後まで見守らなかった反省の意も込めて、Ⅲ章発表の解説というか俺なりの解釈を書いてみます。


まず一番問題になった、本とⅢ章班が考えるパートナーシップの違いについて。


俺が横で聞いてて思ったのは、この班の捉え方では、本に書かれているのは「仕組みとしてのパートナーシップ」(P64参照)企業はこういうことをする、人はこういうことをする、その結果仕組みというか、枠組みというか、構造としてのパートナーシップが成り立つ、と。

しかし、発揮する機会とかを全員に等しく与えることは恐らく不可能なので、まぁ「できる限り」なのは本でも当たり前なんですが、でもその「できる限り」からもれてしまった人達は、パートナーシップの仕組みからももれちゃうよね、と。


それだと不完全(非現実的?)なので、そういう人たちもすべてカバーできるようなパートナーシップはないだろうか、と考えたのがⅢ章班。


その結論として、企業は本来一番の目的ではない個々人のキャリア開発に対し、極力配慮しているという姿勢を見せる、人はそれを感じることで企業のためにがんばろうという気持ちが芽生える、という、納得性とか信頼関係とか、そういうちょっと水準を下げた「精神面のパートナーシップ」に期待できるんじゃないか、ということです。たぶん。


そこで、
授業を選択させる
→個人は自らが望むキャリアに近づけていると感じる。納得感を得る。
→企業は個人が育つこと自体がメリット。納得感を持たせることで企業に貢献する可能性が高まることも期待できる。
という意味での事例として「企業内大学」なのではないかと。off-JTだからみんなにできるんじゃないですか?という意味も込めて。


違うかったらごめんよ。


まぁこの解釈とか主張が正しいかどうかは別にして、そういう考えを提示するのはなかなかおもしろいんじゃないかと俺は思ったので、それがうまく伝わらないまま終わるのはあまりにもったいなく思い、ここに書いてみました。


まぁね、俺は話し合ってるのを横で聞いてたからね、Ⅲ章班とその発表を聞いたみんなの受け取り方がどの程度ズレてるのかっていうのがイマイチ把握できなかったんでね、まぁ負け惜しみみたいなもんですよ。


それだけ。

PR

あ、ちげぇ、お酒でしたか。
なんかもうすっかりそういうキャラにされてしまいましたね。
ホントはよっしーとかゆーしのが全然飲みたがりなのにね(笑)

どうも、ブログではお初です。橋本です。
そういうわけで、今回は守島ゼミのお酒事情について語ろうかと思います。

試験初日が終わった今日、明日締め切りのレポートが2つあることを初めて知ったという逆境にもめげずに。その2つの授業、先生の顔すら見たことがなかったとしても。

でも守島ゼミに入りたいと思っている2年生の人は安心してください。卒業は3年で決まるんじゃないかってくらい単位は足りてるので、サークルみたいなノリで代返とか情報をせびったりはしません。

そんなことをしてくるのはいの○また君ぐらいじゃないかな(笑)


まぁ前置きはこの辺で、お酒の話でしたね。

とりあえず、守島ゼミはみんな飲みたがりです。ひらりん以外は。

普段のゼミのアフターとかはご飯に行くことが多いのですが、サブゼミとか三商ゼミのあとは、みんなその鬱憤を・・・いえ、さらに議論を深めるべく、飲みに行く確率がかなり高いです。

去年の金曜三商なんかは、曜日、時間、メンツ、すべての要素が絡み合って、ほぼ100%飲んでましたね。

でも、お酒あんま好きじゃないって人も安心してください。毎回まったり飲むだけだし、もちろん自由参だし、何よりひらりんがいますから。割り勘要員になってしまわない程度に飲めば、楽しく参加できると思います。

でも、お酒はがっつり飲みたいんだぜ!って人も安心してください。
我らが誇るテニサーの飲みたがり、よっしーが全面的に引き受けます。

なにより先生がお強い。たぶん、ゼミテンの誰よりも。合宿ではお一人でワインを一本空けられ、さらに飲んでもまったく酔った感じを出されない。かなりお強いですね。あ、よっしーはもっと強いっけ?


まぁそんな感じで、なんかひたすら安心感を強調するような流れになってしまいましたが、安心してください。ちゃんと役に立つかもしれないような感じの話もしてみます。

ソルトも言ったようにゼミは何を基準に選ぶかってのが大事になってくると思いますが、「内容がおもしろそう」「グループディスカッション」「英語がない」「楽すぎない」「忙しすぎない」「ゼミテンのレベルが高そう」「先生が優しい」「なにより楽しそう」「女の子がかわいい」など、俺にとってはパーフェクトな環境だと思って選びました。

みなさんにもきっと大事にしたい軸っていうのがあると思いますが、まぁいろいろな視点からじっくり選んでみてください。

以上、長くなりすぎてごめんなさい。

このまま一生更新が滞るんじゃないかという不安を抱きつつ、初登場いのまたくんにふってみようと思います。

タイトルは「俺と女とまた女」で



忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/23 さのー]
[03/29 はし]
[03/29 ひらりん]
[03/29 さのー]
[03/27 ひらりん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
守島ゼミ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R